家の鍵の種類や特徴を比較解説!防犯性の高い鍵の選び方も解説!

鍵といってもさまざまな種類があります。もしも、新しいものを交換しなければならない場合になったら、コストを考慮して自分に必要なものを選びましょう。

まず、一番シンプルなものとしてディスクシリンダー錠というものがあります。これは両端が大きくギザギザとしているもので、昔から多くの家庭で一般的に使用されているものです。その分、防犯性は低く解錠されやすいため注意が必要といえます。

次に、マグネットキーです。これは中に磁石が仕込まれていて、反発し合うことにより鍵が回る仕組みになっています。そのため、単純な仕組みではなく解錠はされにくいでしょう。

最近ではカードキーが使われる場合もあります。ICチップが組み込まれているので、他の鍵に比べるとかなり防犯性は高いといえるでしょう。

防犯性の高い鍵の選び方としては、最新技術をなるべく取り入れたものを選ぶことです。時間が経てば経つほどピッキングはされやすくなります。

カードキーは他の鍵と比べて防犯性が高い?メリットとデメリットを解説

カードキーはその中に記録されている電子情報で鍵を開錠するので、ピッキングが行われにくく、差し込んで回すという作業もしなくていいので扱いが楽というメリットがあります。他にもキャッシュカードと同程度の大きさが主流であり、財布にも収納しやすいというメリットも持っています。

ただしカード状になっているので折れたり破損することがあり、曲がるとそれだけで電子情報を読み取れなくなるので、開錠することができなくなるというデメリットがあるのも事実です。

また通常の鍵であれば合い鍵を作ってくれる店が多くありますが、カードキーは特定の専門業者か鍵の製造メーカーでなければ、合い鍵を作ったり新たに作り変えることができないため、簡単には新たに作れないというデメリットがあるのは仕方ありません。

簡単に複製できないのはメリットにもなっていますが、普通に使っている人にとってはとても不便であり、金属製の鍵のような耐久性に関しても問題があるので、どちらを選択すべきかはその人の使用環境で違いがあると言えます。

→どんな鍵にでも対応しているカギ業者なら

家の防犯対策に効果的な最新の鍵をご紹介!ディンプルキーや指紋認証型がおすすめ

家の鍵は安易に開けられないよう常に進化しています。防犯対策に効果的な最新の鍵について見ていきたいと思います。

まずディンプルキーです。この鍵は従来のようにギザギザした部分は無く表面に複数のくぼみがあるだけです。このくぼみが重要で、鍵の開閉を従来よりも複雑にしピッキングしにくくしています。

その反面、鍵を作る際に専用の機材が必要になるため、ディンプルキーに対応している業者でないと合鍵が作成できません。高い技術を要するので当然、価格も高くなります。それでも防犯性が高いのでディンプルキーを取り入れる住宅が増えています。

次に指紋認証型の鍵です。あらかじめ自分の指紋を登録し、触れるだけで開錠できます。自分の手が鍵なので紛失の心配も無く安心です。また鍵穴も無いのでピッキングも不可能です。

以前はとても高価でしたが、最近は電池式の簡易タイプも出ており、住宅の鍵として利用されることも増えてきました。便利ですが指が乾燥していたり、怪我をしていたりすると認証できない場合があります。また電池切れや停電の際には作動しません。万が一に備え別の方法で開錠する場合も考える必要があるでしょう。

指紋認証キーを選ぶ前に知っておきたいメリット・デメリットを解説!

防犯に対して意識が高まっている今の時代では、生体認証が防犯効果が高い注目を集めるようになっています。生体認証の中でも身近な存在となるのが、指紋認証ではないでしょうか。

指紋認証キーと一口に言っても様々なメーカーがあり、どれを選ぶのかで悩むのは当然のことといえます。指紋認証キーを選ぶ前に、そのメリットとデメリットを理解しておくようにしましょう。

メリットとしては、鍵は自分自身の指紋となるので落としてしまう心配やスペアキーを作られてしまうということがなく、簡単でありながら防犯対策としての効果が高いという点です。

しかしメリットばかりではないことも確かです。

デメリットは、指紋認証キーは精密機器だからこそ、少しの手の傷や乾燥によって読み取れなくなったり、読み取りにくくてなかなか開かないという可能性もあるという点です。

メリットとデメリットを理解した上で、信頼できるメーカーの指紋認証キーを選ぶようにしましょう。