家の合鍵を作成してもらうときの料金相場と所要時間を解説!

家の合鍵を作製してもらう時に支払う料金は、鍵のタイプによっても大きく異なります。

従来型の合鍵を作る場合の所要時間は3分から5分程度で、費用は300円から500円程度で作ってもらえるのが一般的です。この従来型のタイプはセキュリティ上あまり好ましくないため、最近ではセキュリティ面で性能が高いものが人気です。

ディンプルキーと呼ばれるセキュリティー性能の高いカギを作成を依頼する時には、時間が10分以上かかってしまうのが一般的で、中には10日程度かかるものもあります。

また、安さを売りにしているお店では、作成の難易度が高いものでは断られることもありますので、料金相場だけでなく信頼できるお店にオーダーするのも重要です。

合いカギを作ってもらう時には、すぐに作成してもらえるものとそうでないものがあります。取り寄せの場合1週間から10日程度かかるものも少なくありませんので、急いでいるときには早めにオーダーしておくのがポイントです。

家の鍵を紛失したときの対処法!どうしても見つからなければカギの110番に相談してみて

家の鍵は家の安全を守ってくれているものの中において、かなり重要なポジションにあると殆どの人が考えていると思います。

外出中に鍵を紛失すると、家の中に入れなくなります。一戸建ての住宅なら窓から入って中から鍵を開けるといった対処法も可能性としてはありますが、マンションなどでは無理があります。家族それぞれが鍵を持っている場合は、誰かが紛失しても家の中に入れないことはないです。

いずれの場合も悪い人が拾って悪用するなど最悪のケースを考えると、そのままにしておくわけにはいかないので、まずは警察へ届けを出しに行くことが肝心でしょう。そして紛失した日の行動を思い出し、その周辺に落ちてないかを探しにいくもの大切です。

それでも見つからなければ「カギの110番」を利用するのもいいかもしれません。鍵の交換や取り付けだけではなく、防犯対策についても対応しています。泥棒の手口なども紹介しているので、自分の家と照らし合わせてみることも出来ます。

防犯対策の提案・依頼も可能!≫24H365日対応で安心のカギ屋探しに≪

家の鍵の交換費用はいくらかかる?鍵の種類ごとの交換相場とは

家の鍵が壊れてしまったり、盗まれたり落としたなど紛失した際には、鍵の交換を考えることになります。その際に気になるのが、いくらかかるのかという点ではないでしょうか。

業者による料金の違いもありますが、鍵と一口に言っても様々なタイプがあり、種類によって交換に必要となる費用の相場には大きな違いが生まれます。

ディスクシリンダーキーやディンプルキーを始めとし、どの鍵でも交換に必要となる費用の内訳は、鍵本体と鍵穴、そして作業工賃となります。

2万円あれば十分交換できるものが多いですが、指紋認証キーや暗証番号キーなど特殊なタイプの鍵は高額になるケースが多いです。それ以外にも、業者に出張で交換に来てもらうことにより発生する、出張料の有無にも注目しておく必要があります。

自ら行うとなれば工賃が発生しないので安く済ませることができますが、そう簡単にできることではないので業者に依頼したほうが安心できることは確かといえます。