車の鍵が開かない時の原因は?スマートキーは電池切れに注意!万が一に備えてスペアキーを用意しておこう

車28

通勤やドライブ旅行はもちろんのこと、ちょっとした買い物に行くときも車で出かけているという方は少なくないでしょう。しかしいつでも万全の状態を保てるようきちんとメンテナンスを行っている場合でも見落としがちなのが、スマートキーの点検です。

一般的な鍵とは異なり、電波を送受信することで簡単にロックを解除できるスマートキーには電池が内蔵されているものの、使用しているうちにどんどん消耗されていくのは言うまでもありません。

そのため鍵が開かない場合、まずはスマートキーの電池切れを原因として疑うことがポイントになります。

日頃から定期的に電池を交換しておくことが大切ですが、念のためスペアキーを用意するのも手です。スペアキーさえ持っていれば電池が切れてしまったときだけでなく、キーの閉じ込みや紛失といったトラブルにも対処しやすいため非常に便利です。

安心して運転を楽しむためにも、できるだけ早めにスペアキーを準備しておくようにしましょう。

車の鍵マークが点滅していたら電池切れの合図!早めの電池交換を行おう

車25

車の鍵には、主に2つのタイプがあります。

アナログ的ないわゆる普通の金属製の鍵とデジタル式のリモコン型の物があり、それぞれにメリットが見られます。前者は電池が不要であり、いつでも利用可能です。

対してリモコン型の鍵は専用の小型電池が要ります。その代わりに、テレビのリモコンのように電波で操作が出来るため、遠方から施錠したり荷物を持ちながらでも車の開錠ができ、利便性ではアナログの物を上回っています。

車の鍵マークがチカチカと点滅していたら、それは電池切れを示すサインです。まだ大丈夫という楽観的な見方は良くありません。点滅している時点で電池切れのリスクは大変高いです。

電池切れを起こすとデジタル式の物は無反応になります。電池交換をしていないと重たい荷物を持った時に立ち往生するのは必至です。電池交換は専門店に依頼するか、自分でやりましょう。

簡単な作業なのでマニュアルを参照すれば、ユーザーでも可能です。ただ不安な方は専門店に問い合わせたほうが正解となります。

迅速対応のカギ業者を探すなら≫24H365日対応で安心のカギ屋探しに≪

車の鍵が回らない時の原因と対処法を解説!

車27

車のエンジンをかけようとした際に鍵が回らないとき、その原因は複数存在します。

よくある原因としてまず挙げられるのが、バッテリーあがりです。バッテリーが不足していると、どれだけ鍵を回してもエンジンはかかりません。

この現象に遭遇した場合の一番手軽な対処法は、ジャンピングスタートを試みることです。これは、近くの車と自分の車のバッテリー同士をブースターケーブルでつなぎ、相手の車の電力を用いてエンジンを始動させる方法で、周囲に救援できそうな車があり、ブースターケーブルを持っている人がいれば実行することができます。

ジャンピングスタートが不可能な状況であれば、ロードサービスに依頼してエンジンをかけてもらったり、運搬をしたりしてもらいましょう。

また、近年はハンドルロックも鍵が回らない原因としてよく挙げられます。

ハンドルロックは盗難防止装置の一つで、キーを抜いた状態でハンドルを動かそうとするとロックがかかるシステムですが、ハンドルを左右どちらかに動かしながらエンジンスタートの動作をすれば解除することができるので試してみましょう。