車の鍵を紛失したときの対処法と作成費用の相場をご紹介!

車22

車の鍵を紛失したとき、心当たりがある場所を何度探しても見つからない場合の対処法はある程度決まっています。

まず、最寄りの交番か警察署に行って遺失届を出します。届出をすると、警察で管理している遺失物のデータベースに3ヶ月間登録され、見つかったら連絡が来ます。

もし、連絡がきたらできるだけ早く時間をつくって取りに行きましょう。

また、すぐに車を使用するつもりだったのにも関わらず鍵がなくなってしまい、スペアキーすら無い場合は鍵屋さんに車種や年式、鍵の形状、イモビライザーの有無など、必要な情報を伝えれば数十分で作成してくれます。

費用相場はキーの種類によって異なり、通常のキーであれば1万円前後で作成してもらえますが、内溝キーになると3万円前後になり、イモビライザーがある特殊な鍵だと5万円を超えることが多いです。

なお、ディーラーに頼んで純正の鍵をつくってもらう方法もありますが、自宅に届くまでに1週間以上かかることが珍しくないため、急いでいる場合にはおすすめできません。

お急ぎの方はまずお電話を≫24H365日対応で安心のカギ屋探しに≪

車の鍵の修理費用と相場を鍵の種類別にご紹介!

車23

鍵も消耗品ですから、使っているうちに摩耗して使用することが出来なくなることは多々あります。そういった状況になったときにびっくりしないように、どの程度の金額が必要なのかは把握しておきましょう。

実際、修理費用はどのくらいかかるものなのかというと、どのような鍵を使用しているのかによって大きく異なります。

例えば、昔ながらの溝が深い鍵の場合はかなり安いです。仕組みが単純ですのでだいたい1000円以下で請け負ってもらえることが多いと言えます。

しかし、最近の車の鍵はリモコンキーが多いです。こうなってくると値段は跳ね上がります。メーカーにもよりますがだいたい1万から5万円くらいかかることが多いです。

このように、鍵の種類別に見ていくと修理費用の違いがよく分かります。場合によってはかなり痛い出費になりますので、壊れることを前提としてお金はちゃんと用意しておいたほうがいいです。

→イモビ付きキーも対応OKのカギ屋なら