外壁塗装をできるだけ安く済ませるために、DIYでやってしまおうと考える方も多いのではないでしょうか。しかしながら、外壁塗装となるとただのリフォームとは異なり、専門知識や技術がないと失敗やケガの要因、業者に依頼するよりも高額となる場合がありますので注意が必要です。

ここでは、DIYを行う上で予め知っておきたいことをピックアップしています。自身で行うか依頼するかの検討材料にしてみて下さい。

高所作業による事故のリスク

高所で安全に塗装をするためには、プロであっても足場が必要となります。DIYにおいても必要となる要素ですが、1ヵ月のリース料がおよそ20万円程かかります。

足場代節約のためといって安直に脚立やはしごを使用して塗装すると、足元が安定しないために転倒、転落の危険が高まります。実際に転落し、死亡したり重傷を負い、一生後悔するケースも存在します。

安全が確保できる足場を準備し、安全帯やヘルメットの着用をして、安全対策を十分に講じる必要があるでしょう。

業者よりも長期的な耐久性に劣る

業者が使用する塗料は、環境や塗装する外壁の材質を考慮したものです。必要な性能を満たしていない塗料を使用すると、長期的な観点から耐久性が劣る恐れがあります。

仮に業者と同じ塗料が用意できたとしても、不慣れな方が塗装するとムラや塗りのこしが発生し、場合によっては1年足らずで剥がれしまうこともあります。

外壁塗装は意匠的な外観装飾だけではなく、屋外環境から外壁の劣化を守り室温を維持するなど、住環境を保つための重要なファクターです。十分な経験がなければ、プロの業者に依頼するほうが無難でしょう。

必要工期が通常よりも長くなる

一概に外壁塗装といっても、多くの段取り・工程を経て工事は行われます。

1人で作業すると数ヵ月ほどかかってしまうこともあり、会社勤務の方にとっては十分な作業時間を確保することは難しいでしょう。途中で挫折してしまうケースも少なくありません。

実際の費用削減効果は低い

プロに依頼して多く支払うより、自分で塗装すれば材料費だけで済むとお考えの方も多いですが、そこにいくつもの落とし穴があります。

プロが塗装するよりも耐久性に劣り剥離するケースが多く、最終的に何度も塗り直しとなることもあります。結果として余計な費用がかかり、トータルで見た時のコストも増大してしまいます。場合によって、1年毎に塗装し直すことが必要となることもあり、自分で塗装したために失敗した結果、通常よりも高額な補修費用がかかるケースも起こりえます。

それだけではありません。塗装を行うためには材料の他に、必要な工具を購入する必要もあり、20~30万円ほどの出費も想定しておかなければなりません。

なのでここはやはり、プロに任せる方がリスクも少なく、結局は節約ができたということになるのではないでしょうか。