家や車、バイク、原付き、スーツケースなど、鍵がなければ非常に困ってしまうものはたくさんあります。しかし、毎日身に着けていると落としたり盗まれたりするリスクは高まります。スーツケースのように毎日は使わないものは、鍵をどこにしまっておいたか忘れてしまうこともあるでしょう。

この記事にたどり着いた方は、きっと今何かの鍵をなくしたり別の場所に置いて来たりして困っていると思います。そこで、今回は鍵を紛失した、閉じ込めをしたなどのトラブル時どんな対処方法があるのかをご紹介します。

また、鍵穴にいたずらをされた時の対処方法や防止策についてもまとめていますので、参考にしてみてください。

お急ぎの方はまずお電話を≫24H365日対応で安心のカギ屋探しに≪

鍵の紛失やトラブルはどうしたらいい?

鍵を開けようとしたら鍵がない!探しても見つからない!という状況になると誰でもパニックになってしまうものです。しかし、そんな時こそ冷静に考え行動しなくてはいけません。

  • 持ち物の確認
  • 現在地までどういう行動を取っていたかを振り返る
  • 落としたかもしれない場所を探す

この順で本当に鍵をなくしたのか確かめましょう。

バッグやポケットに入っていない、車の中にもない、と分かったら今来た道を可能な限り戻って探しましょう。どこかお店や建物に入ったのであれば、電話して鍵が落ちていないか問い合わせておくのがベストです。

鍵が見つからなかった場合は、

  • とりあえず鍵を開ける
  • 警察に遺失届を出す
  • 鍵を交換したりスペアキーを作ったりする

ということをしておきます。

ポイントは、鍵の重要度合いによって優先順位を変えるということ。

家の鍵や車の鍵などをなくした場合、今すぐ鍵がないと困る!見つかったとしても防犯上鍵を取り換えないといけない!という事態に陥りがちです。その場合は遺失届を出さずに急いで鍵を開けてもらい、なおかつ鍵の取り換えをするべきでしょう。

カギ屋は24時間受付・出張可能なところを選ぼう

重要なのがカギ屋選びです。鍵の紛失や閉じ込めでは焦りが生じていることが多いため、その弱みに付け込んで、高額な費用を請求する悪徳業者もいるのだとか。中には通常4万円ほどで出来る鍵の作成、交換を倍の8万円も請求されたという人もいます。

カギ屋を選ぶポイントは、

  • 24時間受付、出張してくれるかどうか
  • 料金が相場の範囲内かどうか

この2点にだけでも着目しておくといいでしょう。

どんなに急いでいても、必要以上の金額を支払うハメになるのは避けたいところです。

→深夜早朝・全国どこでも対応!近くのカギ屋探し

スペアキーを作成しておこう

鍵を開けてもらったとしても、鍵がなければロックできず困ってしまいます。鍵の交換の有無に関わらず、スペアキーを作成しておきましょう。

もし鍵の交換はせずにスペアキーだけ作る場合は、防犯対策をしなくてはいけません。紛失した鍵を悪用され、空き巣や車上荒らしなどの被害に遭うことが想定されるからです。

「とりあえず鍵が見つかるまでの間に使う鍵を作っておけばいい」と考えている方は、鍵を拾った人間がスペアキーを作っている可能性も考慮しておきましょう。

あとで警察には必ず届け出しておこう

どんなに混乱していても、あとで必ず警察に遺失届を出しておきましょう。ただし、鍵を交換する場合はその限りではありません。

スペアキーを作る場合やとりあえず開錠だけしてもらう場合は、警察に鍵が届けられ自分の手元に戻ってくる可能性を信じたいところです。

遺失届とは?

落とし物をした時に警察に届け出ることを言います。警察署や交番に相談に行けば、あとは警察から説明を受け、今後の流れなども聞くことができるでしょう。

遺失届が受理されると受理番号が発行されるので、その番号は問題が解決するまではメモしておき大事に保管しておいてください。

遺失届の出し方は?

警察に従い、遺失届出書に必要事項を記入するだけでOKです。

内容としては、

  • 名前
  • 住所
  • 連絡先(電話番号など)
  • なくした物
  • なくした場所
  • なくした日時

このようなことを書くことになります。なくした場所や日時はわかる範囲で構いません。詳しい場所がわかるとより見つかりやすくはなりますが、鍵をなくした方はたいていどこで落としたかわからないことが多いです。

なくした物は、可能な限り詳しく書いておきましょう。

  • 鍵のメーカー
  • 鍵のタイプ(形状など)
  • キーホルダーなどの特徴

以上の3点を押さえて書くのが理想です。メーカーがわからない場合は、どんなロゴが入っていたのかぼんやりでも思い出せれば手がかりになります。

MIWA / GOAL / KABA / HORI / SHOWA / ALPHA / WEST

これらが鍵のメーカーで主流です。

車や原付きの鍵なら車種やメーカーがわかれば問題ありません。

ドアの鍵が開かない時は?

鍵を紛失したり、どこかに置いてきてしまったりした場合、玄関の鍵を開けられず途方に暮れることでしょう。

ドアの鍵が開けられないのであれば、

  1. 鍵をあけてもらう
  2. 鍵を交換してもらう

の2択から決断することとなります。

玄関の鍵は防犯上、新しい鍵を作るだけでは危険です。そのまま同じ鍵を使用するのではなく、鍵を丸ごと交換する方が安心できるでしょう。

1とりあえず鍵を開けてほしい

会社や遠方に鍵を置いてきてしまっていて、今から取りに行くのは不可能な場合などは鍵をあけてもらうことを優先します。

鍵の種類や鍵の業者によりますが、早ければ5分ほどで開錠することが可能です。

迅速対応のカギ業者を探すなら≫24H365日対応で安心のカギ屋探しに≪

2鍵を交換してほしい

鍵の紛失が確定している場合は鍵を交換しておきましょう。自分で交換する方法もありますが、交換するためにシリンダーや工具などを準備しなくてはいけませんし、時間と手間が大幅にかかってしまいます。鍵の交換はプロである鍵の業者にお任せするのがおすすめです。

交換の場合は早ければ15分、遅くても1、2時間以内に作業が完了します。作業費のみで見ると相場は1~2万円ほどです。自分で作業する場合は器用さや道具の準備などが関係してくるので、どのくらいの時間がかかるのかはっきりとは言えません。

それでは、自分で鍵交換を行う場合と業者に依頼する場合の2パターンについて見ていきましょう。

自分で鍵の交換をする場合

簡単に鍵の交換についてまとめてみました。調べること、そして交換する手順について知り、自分で作業できるか判断してみてください。

調べることは、鍵の種類、ドアの規格の2つです。新しくつける鍵をどの種類にするか、その鍵はドアに合っているものなのかを見ていきましょう。鍵とはこの場合、錠前のことを言い、鍵、錠、シリンダー(鍵穴)すべてを指します。

錠前の種類は、

  • プッシュ、プル錠
  • ケースロック
  • 面付箱錠
  • 引戸錠
  • 引違戸錠

この5つが玄関に使用されています。

ドアの規格では、ドアの厚みやバックセット(B.SやB/S)、フロントの長さが重要です。長さを測る際は余分なところまで含めてしまわないように注意してください。

さて、シリンダーの交換手順ですが、以下のようなことをこなす必要があります。

  • ドアを開けた状態でカバーを外す
  • ピンを抜いてシリンダーを外す
  • 逆の順で新しいシリンダーを取り付ける

ピンはドアの外側(室外側)にある上下2本を抜きます。それ以外は触らなくて大丈夫です。

しかし、この手順は簡単な錠前の場合で、錠前によってはもっと複雑な作業になることもあります。

新しい鍵をどれにしようか迷った場合は、以下のことを参考にしてみてください。

ディスクシリンダー
防犯性が低く、ピッキングの被害に遭いやすい
ディンプルシリンダー
防犯性が高く、ピッキングされにくい
ロータリーディスクシリンダー
取り付けが簡単でかつピッキングされにくい

現在はこれ以外にも、リモコンを持っているだけでロックが解除されるリモコンキーも人気があります。

鍵業者に交換してもらう場合

カギ屋さんなどのプロに依頼した場合は、

  • 作業費
  • 錠前代

この2つの費用が合算された額を支払うことになります。

また、業者によっては出張費がかかったり、時間帯によっては早朝夜間対応料金になったりすることもあるのでよく確認をしましょう。

錠前代はいわゆる部品代です。交換する鍵の種類によって金額が異なりますが、一般的に多く使用されている鍵であるシリンダータイプを選択すれば1~3万円ほどが相場となっています。

→明朗会計で安心の鍵屋はこちら

バイク・原付きの鍵を紛失した時は?

バイクや原付きの鍵がないとなると、その場から移動することが困難な状態に陥っていることでしょう。まずは深呼吸して以下のことを確認してみてください。

  • メットインに閉じ込めをしていないか
  • スペアキーがあるか

鍵の入ったバッグなどをメットインに入れて閉めなかったか思い返してみましょう。閉じ込めの場合は、新たに鍵を作る必要がありません。鍵を開けるだけでいいので、費用や手間がそれほどかからず済むでしょう。

メットインにあってもなくてもスペアキーさえあれば解決です。スペアキーがあるか、どこにあるのか思い出してください。

もし自宅や会社など現在地とは違うところに保管していて、今から取りに行くことが可能なのであればカギ屋を呼ばずに取りに行きましょう。その場合はバイクや原付きが盗まれないようにU字ロック、ワイヤーロックなどで近くのガードレールに繋いでおくと安心です。

鍵をメットインに閉じ込めてしまった場合は、

エンジンの鍵穴とメットインの鍵穴が違う
鍵を開けてもらえば解決

エンジンの鍵穴とメットインの鍵穴が同じ
鍵を作成する必要がある

という2パターンに分かれます。

次に、最終手段である鍵の作成について見ていきましょう。

鍵の作成は主に2か所に依頼可能

鍵を作ると決めたら、バイク屋かカギ屋に鍵の作成を依頼することになります。

バイク屋に依頼する場合

バイク屋が営業している時間であれば、カギ屋よりも安い費用で鍵を作ることができます。しかし、鍵の受け取りには1~2週間かかってしまいます。

キーシリンダーの裏に記載されているシリンダー番号がわかればメーカーからの取り寄せが可能なので、バイクや原付きをそのまま持ち込むか電話で番号を伝えましょう。

カギ屋に依頼する場合

今すぐ鍵を作ってもらわないと困る!という場合は、出張可能なカギ屋に依頼するといいでしょう。電話1本で現在地まで来てもらえますし、作業が終わったらすぐにバイクが使えます。

費用はメーカーからの取り寄せに比べて割高で、相場が1万円前後となっています。イモビライザーだとさらに高くなるのですが、カギ屋によっては対応していないこともあるため前もって確認しておきましょう。

近くで待機の業者がすぐ見つかる≫イモビ付きキーも対応OK!≪

車の鍵があかない時は?

急いでいたりすると、どこに置いたかわからなくなりがちな車の鍵。

今回は2つのパターンについてご紹介します。

鍵の閉じ込めの場合

鍵の閉じ込め、つまりインロックした場合は、

  • スペアキーを使う
  • カギ屋に鍵開けを依頼する
  • JAFなどのロードサービスを呼ぶ

インロックの場合は鍵さえ開けてもらえれば解決するので、スペアキーを取ってきて開けるか、業者に現在地まで来てもらい鍵開けを依頼しましょう。JAFを利用する場合は、会員であれば料金の支払いは必要ありません。非会員であれば昼間でも12,880円の費用を支払わなくてはいけません。

カギ屋に依頼する場合は、自分の車の鍵が対応可能なものか前もって確認しておきましょう。JAFでは対応可能ということが多いので、カギ屋が非対応ならJAFの会員でなくてもJAFを呼ぶことになります。

→どんな鍵にでも対応しているカギ業者なら

電子キーの紛失の場合

スマートキーなどの電子キーを紛失した場合は、カギ屋かディーラーに相談することになります。しかし、ディーラーの場合はその日に鍵を作ることができないというデメリットがあります。純正の鍵を手に入れたいのであればディーラーすぐに鍵を作りたいならカギ屋に依頼しましょう。

また、カギ屋では作成可能なカギが限られています。そのため、依頼する際はあらかじめ以下のことを伝えておきましょう。

  • 鍵の種類
  • キーの形状
  • イモビライザーかどうか

鍵の種類はキーレスキーと呼ばれる、鍵穴に鍵を挿してエンジンをかけるタイプか、スマートキーなどの電子キーの2つがあります。

カギ屋が作れるのは鍵の部分だけで、電子キーの場合はリモコン部分を作成することは不可能です。そのため、リモコンを使用したい場合は後からディーラーに依頼して取り寄せてもらうことになります。

キーの形状は先がギザギザした刻みキーか、溝があるウェーブキーのどちらかです。ウェーブキーは特殊なので対応していないことがあるため注意しましょう。

イモビライザーの鍵は、鍵が同じ形でも埋め込まれているチップが認識されなければエンジンをかけられない仕組みになっています。そのため、鍵を新たに作っても車を動かすことはできないのです。車に貼ってあるステッカーやインジケータランプで確認し、もしイモビライザーであるなら対応可能なカギ屋を探す必要があるでしょう。

→イモビ付きキーも対応OKのカギ屋なら

スーツケースの鍵をなくした時は?

旅行や出張で使用するスーツケースは、普段使わないので鍵の場所を忘れがち。そのため使用しようとした時に鍵が見つからないということが多いです。また、旅先で鍵を紛失するケースもあります。

ここではスーツケースをいつ使用したいかに分けて対処法をご紹介します。

今すぐ鍵を開けたい

鍵の業者に来てもらうことが可能であれば、

  • スーツケースのメーカー
  • 鍵の種類
  • 鍵の数

を伝えて開けてもらいましょう。

鍵の種類は、鍵を挿しこむタイプかダイヤルロックかです。

旅先などで業者を呼ぶのが不可能な場合は、こじ開けてしまうという手もあります。検索すれば詳しく紹介している動画がHITしますが、くれぐれも悪用しないようにしましょう。

数日以内に鍵を開けたい

数日以内に使用するならメーカーに頼ることはほぼ不可能です。カギ屋やホームセンターなどで鍵を開けてもらいましょう。可能ならカギ屋で鍵を作ってもらい、対応していないと言われた場合はスーツケースベルトやロックを購入し取り付けて使用することをおすすめします。

数週間後までに鍵を開けたい

時間に余裕があるので、メーカーに問い合わせて修理に出したり、スペアキーを購入したりすることも可能でしょう。ただし、高額な費用がかかることも少なくないので、中身の入っていないスーツケースを開けたいだけなら別のスーツケースを用意した方がいいかもしれません。

鍵穴にいたずらされてしまった時は?

いたずらされることなんてないでしょ?と思うかもしれませんが、意外と鍵穴にいたずらされたことがある人は少なくないのです。多いのはガムや接着剤を鍵穴に入れられるというケース、そして木の枝などの異物を挿し込まれるケースと言われています。

いたずらされていてすぐに鍵がかけられない、開けられないという場合は、以下の対処法を参考にしてみてください。

  • 鍵穴を覗いて自分で取れるか試してみる
  • 取れなければ鍵の業者を呼ぶ
  • いたずらされたことを警察に相談する
  • いたずら防止策を活用する

異物を取り除く場合は、奥まで押し込んでしまわないように慎重に作業する必要があります。無理に取ろうとすると奥にどんどん入り込んでしまい、どうしようもなくなってしまうことも。そうなる前に、カギ屋に任せてしまった方が無駄な費用や時間をかけずに済みます。

また、いたずらされたことは必ず警察に相談しておきましょう。次にいたずらされた時に相談しやすくなりますし、もしかしたら犯人が見つかるかもしれません。

自分で出来ることと言えば防止策です。以下のような方法を試してみましょう。

  • 鍵穴に専用カバーを取り付ける
  • 防犯カメラを付ける

賃貸やマンションでも取り付け可能なのは鍵穴のカバーです。安価で手に入り、簡単に取り付け可能なので試しやすいでしょう。

何度もいたずらが続くようであれば防犯カメラを設置したいところですが、賃貸やマンションの場合は許可が必要となります。管理会社などに相談し、可能であれば設置してください。

防犯対策の提案・依頼も可能!≫24H365日対応で安心のカギ屋探しに≪