マンションとアパートはどちらも賃貸経営で有名ですが、その違いがよくわからないという人も多く見受けられます。まずはマンション経営とアパート経営について基本的な違いを見てみましょう。

アパート経営とは?

基本的にはアパート1棟を賃貸経営する方法となります。細かく見るといろいろなケースが存在するため、比較的に経営を始めやすいです。

投資額は多額となりますが、室数が多くなるためリスクの分散が可能だというメリットもあります。

マンション経営とは?

アパートとは違い、基本的には1部屋単位で物件を購入し、賃貸することで家賃収入を得る経営スタイルとなります。裕福な人は最初から1棟丸ごと建設、賃貸することが可能ですが、一般的には1部屋から始めて徐々に室数を増やすことになるでしょう。

やり方がたくさんあり自由度が高いので、建物丸ごと運用するアパート経営よりは手軽に始めやすいです。

そもそも経営スタイルが違う

アパート経営とマンション経営では上記の通り経営スタイルが大きく異なることがわかります。この違いはとても重要で、経営を成功させるか失敗に終わらせるかが決まる要素とも言えるでしょう。

アパマン経営するのなら
まずはこちらから資料請求を

»無料で資料請求するならこちら«

相談先にはこちらがおすすめ。
かんたんに資料請求できます。

利回りが大きく異なる

不動産投資としてはアパートもマンションも似ていると感じられやすいですが、経営で重要視される利回りが大きく異なります。

また、1棟丸ごと賃貸として運用した場合、空室がいくつか出ても他の部屋で損失をカバーし、空室リスクを分散することが可能です。反対に、所有する室数が少ない場合はリスクの分散が難しいので、空室が出た時点で赤字となることもあります。

そのため、マンションはリスクを知った上で資産状況に応じた経営をすることができ、アパートは1棟貸し出しでハイリスクハイリターンを狙うことができると考えられます。

建物の構造による違いが生じる

アパートとマンションはその規模からも造りが異なります。強度がより必要なマンションはRC造やSRC造となりますが、アパートは木造か鉄骨造が主流です。その違いから、さらに3つの違いを生むのでチェックしておきましょう。

耐用年数

造りが違えば耐用年数も変わります。耐用年数が長いのは頑丈な造りのマンションということになるのです。

売却のしやすさ

アパートよりも劣化しにくい

マンションは、より長く貸し出すことができる

と考えられます。そうすると、10年後、20年後に売却したいと考えた時、売れやすいのはマンションだということになります。

アパートは長く住めない物件ということで売れないとしても、マンションはまだまだ住めると判断され売れるのです。

ローンの返済期間

耐用年数によってローンの返済期間が異なるので、マンションの方が長期間でローンを組めるというメリットもあります。返済期間が長ければ毎月の返済額が少なくなるので、買い手がつきやすく売却しやすいということにもつながるでしょう。