最期のお別れのとき、お別れ後の四十九日や1周忌など、お坊さんへのお心づけはどうすればよいのでしょうか。

だいたいの相場を知ることで、お寺やお坊さんとトラブル等なく供養に専念できます。他人事と思わず、予め調べておくことは大切なことだといえるでしょう。

ここでは、葬式や法事でお坊さんを手配したときの費用についてみていきたいと思います。

家族葬のとき

最近、家族葬が増えています。故人の意向であったり、費用が一般の葬儀よりも抑えられるということもあり、家族葬を選ばれる人が多いです。もちろん家族葬でもお坊さんを手配することができます。

費用の相場は以下を参考にしてみてください。

戒名料 数万円~100万円弱
読経料 10万円台~50万円前後
御車代 数千円~1万円前後
御善代 数千円~1万円前後

合計すると、20万円~100万円以上と幅が広いですね。ただ、もう少し費用を抑えたい場合には、戒名と読経のみをお願いすることもできます。

家族葬は、自分たちのスタイルで葬儀を演出できますので、型通りの流れにしなくてもいいというところにメリットがあります。

▶宗派問わずに対応可「お坊さん手配サービス」

告別式のときに呼ぶと

お通夜を行わず、告別式だけお坊さんにお願いする場合には、30万前後が相場となっています。

もし、費用を抑えたいなら、予めお渡しすると割引してくれる葬儀屋さんもあるので、生前に準備しておくのも良いでしょう。死について向き合うことは、なかなかできることではないですが、残された家族が困らないようにしておくのも、大事な終活といえそうです。

納骨のとき

納骨とは、故人が荼毘にふされた後の遺骨を骨壺におさめ、お墓に埋葬したり、納骨堂に納めたりする儀式のことをいいます。

納骨時の手配費用の相場は、宗派によっても違いはありますが、数万円~5万円前後で思っておくと良さそうです。

四十九日のとき

四十九日とは、故人の来世の行き先が決定するといわれている、非常に大切な日です。故人が、無事に極楽浄土へ行けるように法要があります。

費用の相場は、こちらも宗派によって異なりますが、およそ数万円~5万円です。加えて御車代として、数千円~1万円前後お渡しする場合もあります。

その後一周忌や法要などのとき

主な法要は以下になります。

  • 一周忌
  • 新盆
  • 三回忌
  • 七回忌

相場はだいたい数万円~5万円となります。加えて御車代をお渡しする場合は、数千円~1万円前後必要です。

▶手軽で煩わしくないお坊さん探しなら