親や家族・親族の死亡手続きはどうする?

大事な家族や親族が亡くなると、辛く悲しい思いをしてしまうでしょう。しかし、そんな状況でも法律によって義務づけられた手続きや、葬儀などに向けた手続きをしておかなければいけません。

家族や親族が死亡した後にしなくてはいけない手続きには何があるのでしょうか?

すぐにやらないといけない手続きは3つ!

死亡後にしなくてはいけない手続きはたくさんありますが、その中でも3つの手続きはとても重要で、迅速に終わらせなくてはいけません。

1死亡診断書(死体検案書)を書いてもらう

医師に書いてもらわなくてはいけないもので、亡くなったらまず最初に受け取る書類です。死亡届の右半分が死亡診断書になっています。いろいろな手続きで使用する大切なものなので、紛失しないようにするためにも何枚かコピーして保管しておきましょう。

病院で死亡確認してもらった場合はすぐに書いてもらい受け取ることができますが、自宅などの他の場所で亡くなり、死因が判明するのに時間がかかる場合は日数を要することもあります。

事故死や自殺、他殺などは警察医による検視が必要です。検視が終わってから警察医に死体検案書が交付されるので、そちらを死亡診断書と同じように扱うことになっています。

2死亡届を提出する

死亡診断書、または死体検案書を受け取ったら、死亡届を提出しましょう。提出することは戸籍法で義務づけられているので、提出のし忘れに気をつけてください。

提出期限が設けられていて、死亡したという事実を知ってから7日以内となっていますが、海外にいる場合は3か月以内とされています。

基本的に病院で受け取れますが、役所や葬儀社からもらったり、役所のホームページからダウンロードしたりすることも可能です。

提出先は亡くなった人の本籍地や亡くなった場所、届出人の所在地にある市区町村の役所です。提出しやすいところに出すといいでしょう。

届出人の署名は親族が行うのが基本ですが、提出する人はそれ以外の人でもOKです。

例えば

  • 同居人
  • 家主
  • 後見人

などでも構いません。

一般的には葬儀社に代行してもらい提出するケースが多いようです。

3申請して火葬許可証をもらう


葬儀の前に火葬の手配をしておかないと火葬に間に合わなくなってしまいます。火葬には火葬許可証が必要なので、早い段階で火葬の申請をしなくてはいけません。

まずは火葬許可申請書を準備し記入しましょう。提出し申請が終わると火葬許可証が交付されます。

死亡届を提出する期限に合わせて、死亡届と火葬許可申請書を同時に提出するのが一般的ですので、死亡届と合わせて葬儀社に代行してもらうといいでしょう。

死亡後から葬儀の流れ、その後にやることなどは?

亡くなった後にやることはたくさんありますが、どんな流れで何をしていくのか把握しておくと慌てずに準備できます。葬儀や法要に関する準備にはどんなものがあり、どういう流れになっているのか見てみましょう。

また、それ以外の手続きには何があるのかまとめてみたので参考にしてみてください。

死亡後の手続きの流れはどうなっている?

主な手続きの流れは以下の通りです。

  1. 死亡届、火葬許可申請書の提出
  2. 年金や住民票などの手続き
  3. 運転免許証やパスポートなど返却や解約に関わる手続き
  4. 公共料金などの契約者変更手続き

優先順位がわかっているとスムーズに手続きしていけるので、やっておくべき手続きを分類して遅れることなくやり切りましょう。

葬儀や法要でやることや流れはどうなっている?

一般的には亡くなった翌日にお通夜をし、翌々日には葬儀を行います。

短期間で手続きや準備をしなくてはいけないので、効率よく進めるために葬儀の準備、様々な手続きを同時に行う必要があるでしょう。

死亡後からの葬儀完了までの流れ

死亡が確認されてからの大まかな流れは以下の通りです。

  1. 葬儀社やお寺に連絡・手配をする
  2. 遺体の搬送先を決定する
  3. 退院手続き・入院費用の支払い
  4. 遺体の搬送
  5. お通夜
  6. 葬式
  7. 出棺・火葬
  8. 精進落とし
  9. 葬儀の支払い

具体的にどんなことをする?

死亡が確認されたらまずは遺体を搬送するために葬儀社を決めなくてはいけません。決まらない場合は病院に紹介してもらうことも可能なので、搬送だけでも依頼しましょう。搬送後、改めて葬儀社を決めるといいです。

葬儀社が決まったら次に遺体の搬送先を決めます。昔は自宅に搬送するのが当たり前でしたが、最近はマンション住まいなどの理由から別のところに搬送することも増えています。

その場合は、葬儀社の遺体安置所や火葬場の霊安室などから選ぶことになります。搬送先が決まり次第、退院手続きを済ませて遺体の搬送をしてもらいましょう。

それからできるだけ早くお寺に連絡しましょう。

宗教によっては神社や教会に連絡することになります。

先祖代々お世話になっている菩提寺(ぼだいじ)があればそちらに連絡し、葬儀に関する打ち合わせもします。菩提寺が遠方にある場合は同じ宗派のお寺に連絡してください。

また、菩提寺がない場合は葬儀社が紹介してくれるので、費用などを確認してから決めるといいでしょう。

その他やっておくべき手続き

故人や遺族の状況に応じて必要な手続きをしておきましょう。死亡後にする手続きにはどんなものがあるのか一部ご紹介します。

  • 世帯主の変更届の提出
  • 住民票の抹消届の提出
  • 年金受給の停止
  • 介護保険資格喪失届の提出
  • 国民年金の死亡一時金請求
  • 埋葬料請求
  • 遺族年金の請求

他にも公共料金の契約者変更手続きなど、様々な手続きがあります。やるべき手続きはリストアップして、忘れず確実に終わらせられるようにしておきましょう。

病院で死亡した後の流れは?

亡くなった後、エンゼルケアなどの必要な処置を終えてから病院の霊安室に移動、安置されます。長い時間霊安室を使うことはできませんので、なるべく早く自宅や遺体安置所などに搬送しなくてはいけません。

死亡後の流れは以下の通りです。

  1. 遺体搬送車の手配をする
    (葬儀社に連絡)
  2. 搬送先を決定する
  3. 遺体の搬送

遺体搬送車によって遺体を搬送してもらうのが一般的ですが、自家用車で搬送することも可能です。

しかし、遺体を搬送するのはなかなか大変なことで、知識や経験がない人が搬送しようとするとトラブルが発生する可能性もあります。

うっかり警察に事件だと疑われてしまわないように死亡診断書や故人の身分証明書などを携行する必要もあるのです。

また、業務として遺体の搬送を行うのは許可された事業者のみとなっているので、タクシーでの遺体搬送はできません。

自宅で死亡した時の流れは?

亡くなったのが自宅の場合は、自宅に医師を呼んで死亡確認を行ってもらう必要があります。死亡が確認されたら死亡診断書を書いてもらうのですが、それまでは勝手に遺体に触れたり、移動させたりしてはいけません。

生前、病気のため自宅療養をしていた場合は主治医を呼び、それ以外の場合は救急車を呼んで病院で死亡確認をしてもらいましょう。

自殺や他殺、事故死、突然死などの場合は110番通報し、警察医に検視してもらってください。

遠方や海外などの旅先で亡くなった場合の流れは?

旅行などで遠方や海外に行っていて、そこで不慮の事故などで亡くなってしまうケースがあります。自宅や地元で葬式を挙げることが多いのですが、その場合は長距離の遺体の搬送が必要です。

遠方や海外から遺体の搬送をする場合はどうすればいいのでしょうか?

遠方で亡くなった場合は?

長距離の遺体搬送を行っている葬儀社に依頼し、搬送先まで遺体を届けてもらいましょう。

現地で仮通夜や密葬を行い、火葬してから遺骨を持ち帰るケースもあります。その場合は、現地の市区町村の役所に死亡届や火葬許可申請書を提出してください。

海外で亡くなった場合は?


死亡が確認されると外務省から遺族に連絡が来ます。遺体を搬送するためにはエンバーミング(遺体の消毒や美しいまま保存すること)をしなくてはいけないので防腐証明書が必要ですし、火葬してから持ち帰る場合には火葬許可証が必要になります。

他にも、遺体証明書や税関を通るために必要な書類も集めないといけないのですが、何かわからないことがあれば外交官に相談すると教えてくれます。

また、遺体の搬送に必要な書類集めまでは外交官がサポートしてくれますが、実際に搬送に使う航空便の手配などは自分で行わなければいけません。

日本大使館か領事館の署名が入った

  • 死亡診断書
  • 埋葬許可証
  • 現地の葬儀社が発行した防腐証明書
  • 航空荷物運送状

を準備し、日本に遺体搬送しましょう。