葬儀にどれくらいの費用がかかるのかわからず、葬儀社が決まらないことがあるでしょう。

全国平均はいくらくらいなのか?
内訳はどうなっているのか?

費用や相談前にチェックしておきたいことなど、詳しく解説しています。葬儀社の検討にお役立てください。

お急ぎの方もじっくり検討中の方も
お財布にやさしい葬儀プランもあり
»最短30分からお迎え可能な葬儀社«

葬儀の種類や内容で価格は変わる

葬儀には主に4種類あり、金額がかかるものから順に挙げますと

  • 一般葬
  • 家族葬
  • 一日葬
  • 直葬(火葬)
  • 社葬

となっています。社葬について詳しくはこちらでまとめておりますのでご覧ください。

直葬は、主に納棺、火葬を目的とした葬儀で、お通夜や告別式はほとんど行われません。その分費用がかからず、負担が軽く済むというメリットがあります。

顔が広く参列したい人が多いなどの場合は、一般葬を執り行うことになるでしょう。一般葬では、親族だけでなく友人や知人も参列するため、接待費用がかかります。

また、葬儀のために準備する物品のランクでも費用は変わります。祭壇などを立派なものにすれば、その分価格は上がるでしょう。日数や気温に応じて、使用するドライアイスの量が違いますし、寝台車や霊柩車の移動距離も場所によって異なります。

このように、葬儀の種類や選択する内容によって葬儀費用は変動するので、予算や個人の希望などに合わせてプランを決める必要があります。

葬儀費用の全国平均相場はどのくらい?

葬儀にかかる費用は、全国平均だと195万円ほどで、100~200万円はかけている人が多いというデータがあります。(日本消費者協会のアンケート調査2017度の内容より)

また、昔と違い、家にいても葬儀に関する情報が手に入り、たくさんの葬儀社の中から選ぶことができるようになったため、年々葬儀にかける金額が減少してきています。

地域別にみると、最大90万円ほど差があるのですが、地方だから、都会だからという理由はあまり関係がないようです。

葬儀費用の内訳とその価格

葬儀にかかる費用は主に3つに分類されます。

  1. 葬儀一式の儀式費用
  2. 接待費用
  3. 寺院費用
儀式費用は葬儀費用全体の約5~6割、接待費用や寺院費用はそれぞれ2~3割ほどが平均的な割合のようです。

1葬儀一式の儀式費用

儀式費用には、会場や祭壇などの準備費用やスタッフの人件費など、葬儀を行うために必要な費用が含まれています。会場費には、安置料、火葬場の控室料なども項目にあるか確認しましょう。

また、祭壇はタイプによって金額が異なります。生花で飾る場合は、生花の量によっても価格が大きく変わりますが、故人が華やかなものやお花が好きだった際は、生花をたっぷり使うケースが多いです。

火葬料は含まれていないことも…

儀式費用に火葬料が含まれていない場合は、火葬場に直接火葬料を支払うことになるでしょう。

2接待費用

接待費用というのは、お通夜、葬儀、告別式でかかる飲食代、お香典の返礼品代などのこと。

参列する人数によってかかる費用が変わります。

お通夜のときの食事【通夜振る舞い】の費用

お通夜での食事は、焼香をしたらすぐに帰られてしまう方もいるので、大皿で賄える食事を出す傾向が強いです。

予算としては、1人あたりおおよそ2,000円を見積もっておけば大丈夫でしょう。お弁当が1,300円位、飲み物が700円位(アルコールも考えて)の計算です。

3寺院費用

寺院費用は、読経、戒名授与してくれる宗教者に渡すお礼にかかる費用です。読経料、戒名料、車代なども含まれます。宗教によって、玉ぐし料、お布施、献金と呼び名が異なります。

一般的に葬儀社の見積もりには含まれていない項目で、喪主が直接宗教者に渡すのが一般的です。金額は明確に決まっていないため、いくら渡すべきかは予算に合わせてよいでしょう。だいたい、葬儀全体の2~3割で計算するとスムーズに決まります。

葬儀で支払うお布施費用の相場はいくらぐらい?

葬儀にお越し頂いたお坊さんへのお心づけをお布施といいますが、実際いくらお渡しすればよいか、迷うこともあると思います。お尋ねしても「お気持ちで」などと言われることもありますので、ますますわからなくなってしまいますよね。

実は、お布施は地域によって若干違いがあります。ですので、一般的にそれぞれどれくらいの相場なのかみていきたいと思います。

  • 北海道···30万円強
  • 東北···60万円
  • 関東···50万円強
  • 中部···40~60万円強
  • 近畿···50万円弱
  • 中国···40万円強
  • 四国···40万円弱
  • 九州···30万円弱

東北や関東地区がやや高い傾向にあるようですね。

地域差で違いがありますし、また地域の中でも、更に独自の葬儀をする場合ですと額も変わってきます。より詳しく知りたい方は葬儀屋に尋ねてみるようにしましょう。

家族葬にかかる一般的な費用の平均相場比較

最近では、家族葬も増えてきました。型にはまらない、身近な人だけで執り行うことも、現代の世相といえるかもしれませんね。

家族葬もやはり地域によって金額が変わってきますので、ご紹介します。

  • 北海道···40万円弱
  • 東北···35万円前後
  • 関東···20万円強
  • 中部···30万円強
  • 近畿···20万円前後
  • 中国···40万円前後
  • 四国···20万円前後
  • 九州···50万円弱

家族葬は、自分たちらしいお見送りができるというところにメリットがあるでしょう。

家族葬の費用内訳をかんたんに

それでは具体的に費用の内訳をみていきましょう。

主な内訳は以下のようになります。

  • 納棺費用
  • 枕机
  • 御霊棺
  • 吸水シーツ
  • 仏衣
  • 役所や火葬場の手続き代行
  • スタッフ

これに例えば骨壺や別れ花等のオプションをつけますと更に費用が上乗せされるのです。

葬儀を一般葬で行う際の費用相場

家族葬と同様、一般葬も地域によって異なりますので、それぞれみていきましょう。

  • 北海道···100万円強
  • 東北···100万円強
  • 関東···130万円強
  • 中部···120万円強
  • 近畿···110万円弱
  • 中国···90万円弱
  • 四国···110万円強
  • 九州···100万円前後

比較しますと、家族葬よりも費用が高いですね。

家族葬にするか、一般葬にするか、できれば生前に家族とどのようなお葬式の形にするか話し合っておくと、残された人も戸惑うことなく、式を執り行うことができてよいでしょう。

お急ぎの方もじっくり検討中の方も
お財布にやさしい葬儀プランもあり
»最短30分からお迎え可能な葬儀社«

葬式の費用が高い?格安で葬式を執り行うには?

葬儀社を比較することが大切

故人のこだわりや希望がなく、予算的にもできるだけ安い方がいいと考える人もいるでしょう。

昨今では、格安を謳っている葬儀社やプランが増えてきています。しかし格安だからと、見た目の料金の安さだけで依頼するのはおすすめできません。

できれば複数の葬儀社を比較し、故人や家族・自分が求めてる葬儀により近いものを選ぶのがよいでしょう。

格安だからと即決しない方がいい理由と、葬儀社を比較する時に見るべきポイントなどをご紹介していきます。

安く抑えたい!でも格安な葬儀社で大丈夫?

最終金額で判断しよう

安価すぎる葬儀が執り行えるのには、

それなりの理由があります。

価格にもよりますが、納棺、火葬のみの簡単な儀式だったり、実はオプションを付ける必要があったりりなど、

最終的には結構な金額を請求

されたりすることも。

格安だからといって、すべての葬儀社やプランを疑う必要はありませんが、プラン内容をしっかり見て

  • 求めている項目があるかどうか
  • 追加料金はかからないか

などの確認をした方が安心です。

また、あらかじめ予算を設定してからプランを絞り込むと、高いプランを勧められて悩んだりする可能性が低くなるでしょう。

絶対に押さえるべき比較ポイント

葬儀社がたくさんあってプランも様々。どれか1つに絞るのは難しいと感じる人は多いようです。

そこで、葬儀社を比較する時に

押せえておきたいポイントを6つ

をご紹介します。

1費用は平均的か

格安でもいい葬儀が行えるところとそうでないところがあるので、どうして安いのか判断する必要があります。

平均的な金額であれば、内容も一般的なものであることが多いので、費用がいくらくらいなのかで絞り込んでみましょう。

2葬儀を行う周辺の地域の把握

故人の故郷や亡くなった場所の近くで葬儀社を探すことが多いですが、その周辺の地域に

  • 火葬場があるか
  • 葬儀場までどのくらいの距離があるか

などを把握しておいた方がいいでしょう。

寝台車や霊柩車は走行距離で価格が上がってしまうので、それぞれの施設が遠くて車代に費用がかかることは避けたいところです。

3葬儀の種類はどうしたいか

主に、一般葬にするか家族葬にするかでまずは検討し、その後様々なプランから選ぶことになるケースがほとんどです。

直葬ではプランに差がほとんどないため、簡易的なお別れを希望する場合は早く段取りが決まるでしょう。細かい希望を盛り込むには、オプションが必要不可欠となります。

葬儀をどのようにどんな形で執り行いたいか、故人の遺言や家族の意思から決定しましょう。その希望を叶えてくれるプランの有無で葬儀社を絞るとスムーズです。

4スタッフの対応は親切丁寧か

葬儀を執り行うためには、スタッフの対応も重要です。喪主や参列者が気持ちよく故人を送り出せるように、見積もり相談の段階から葬儀スタッフの対応が親切かつ丁寧かをチェックしておきましょう。

もし不親切だと感じたり、連絡が遅い、仕事が雑などマイナスポイントがあれば、葬儀社や担当を変えた方がいいです。

また、葬儀は儀式の1つです。儀式にふさわしく、スタッフの

  • 身だしなみは清潔か
  • 言葉遣いが適切か

なども重要なチェックポイントとなります。

5見積りは細かく記載されたものか

実は追加料金が必要で、見積書には記載されていない費用が上乗せされてしまったというケースもあります。

それを避けるためにも

  • 葬儀に必要不可欠な項目はすべて記載されているか
  • 追加料金はかからないか

など、正確性をチェックしておきましょう。

大雑把な見積もりを出している葬儀社は、トラブルになりやすいため避けた方がよいです。

6葬儀社は実績があるところか

葬儀社を検討する際は、口コミまでチェックする時代です。しかし忘れがちなのが、実績の確認。

実際は評判が悪いのに、良い口コミだけ自社サイトに載せているということがあるのです。

本当に実績があるのか、口コミはサクラではないかなどを確認すると、より安心して依頼することができるでしょう。

お急ぎの方もじっくり検討中の方も
お財布にやさしい葬儀プランもあり
»最短30分からお迎え可能な葬儀社«

実際の見積もりで比較検討を

複数の葬儀社から見積もりをもらって比較することをおすすめします。

なぜなら、同じ内容・同じランクの葬式でも、

他社ではより安く提供している場合がある

からです。また、スタッフの雰囲気や心配りにも違いがあるなど、それぞれの葬儀社に魅力があります。

見積もりを出してもらう時は同じ条件でお願いし、同じ内容でどのくらい価格に差があるのかサービスなどの充実さはどれが一番いいのかを見ましょう。

違う条件で比べてもよくわからないので、同じ条件で比較することがとても重要なのです。

見積書で比較したい6つのポイント

見積書で確認したい6つのチェックポイント
  1. 見積もりは相談した内容で作成されているか
  2. それぞれの費用について詳しく記載されているか
  3. ドライアイスなど日割りで計算される部分の金額はいくらか
  4. 人件費はいくらになっているか
  5. 項目に漏れがないか
  6. 特記事項に追加料金や注意点が細かく書かれているか

例えば、

  • 火葬場の控室は別途いくら必要である
  • マイクロバスの使用料は1人増えるごと加算される

など、詳細までしっかり記載されているとより安心感が生まれます。

追加料金の可能性

「一式」などの曖昧な書き方で、物品のどこまでを準備してくれるのか記載されていない場合は、別途料金が発生する可能性があり注意が必要です。

総額を比較して、より安いところに決めるのではなく

各項目ごとに金額を比較

した方がよいでしょう。

実際に比較してみたときに、「こっちの葬儀社では葬儀自体の金額が安いけど、実は人件費が高くて、入れてほしい内容が1つ欠けている…」なんてことがあるからです。

最適な葬儀社の探し方とは?

自分でいろいろな葬儀社を探して見積もりをお願いし、比較検討するのはとても大変なことです。大切な方が亡くなって心身ともにダメージがある中、葬儀の依頼するのが難しいこともあります。

そこで活用したいのが、

葬儀社を提案してくれるWEBサービス。

  • 葬儀を挙げたい場所
  • 現在地
  • 希望したい内容

などの条件を説明するだけで、最適な葬儀社を提案してもらえるのです。

もし合わないと感じたら、違う葬儀社を提案し直してもらえるため「どこの葬儀社から見積もりを出してもらえばいいかわからない」ということがなく、スムーズに比較できます。

葬儀社探しにおすすめのサービス

葬儀コンシェル
最短30分でお迎え!低価格プランあり

とにかく葬儀を依頼したい、まずは費用だけでも知りたい、という場合は『葬儀コンシェル』がおすすめです。

近くの葬儀社がわからない場合も、どんなところがあるのか24時間365日提案してもらうことができます。亡くなる前でも、万が一に備えて情報を得ておきたいという要望に、すぐ応えてもらえるのも魅力です。

電話1本で相談、依頼が可能なので、いざという時に頼りたいサービスの1つでしょう。

いい葬儀
長距離や海外への移動も可!

通常の葬儀の相談に加えて、遠方や海外から遺体を搬送したい時に対応してもらえるのがこちらの『いい葬儀』。

長距離の移動には高速代や人件費など様々な費用がかかりますが、それらを含めたプランを提案してもらえます。

旅行中に亡くなったり、故人の生まれ故郷で葬儀を執り行いたいなどの希望があったりする場合でも、電話1本で対応してもらえます。

葬儀費用の負担者は誰?相続財産から支払うには?

葬儀の費用について、人と話し合うことはなかなか少ないと思います。いざとなった場合、急な出費になってしまったら困ってしまうこともあるでしょう。

そこで、費用は誰が払うかについてお伝えしていきます。もしもの時に備えて、参考にして頂けますと幸いです。

現実として、喪主が負担する場合が多いですね。それは、喪主が相続人であることがほとんどだからなのです。順位として、配偶者が最初にきて、次に子供となります。子供が女性の場合は、故人の兄弟が行うこともありますね。法律上は定めがありませんので、風習やならわしにならって決めるパターンが多いです。

相続放棄したら立て替えた葬儀代はどうなる??

諸事情で相続放棄をした場合、葬儀代はどうなるのか気になる人も多いと思います。基本的に相続放棄したら、故人の財産に触れてはなりません。

しかし、それが葬式費用に充てた場合はどうなのでしょうか。実は、過去に相続放棄前に故人の預貯金を使って葬式代を出したというケースがあり、裁判にもなりました。

判決は、身分相応の葬式であれば預貯金から出してもOKとなりました。今後、どのような法律になるか動向が気になりますが、今のところは相続放棄をするにしても、故人の預貯金から葬式代を出すのは大丈夫なようです。

また、相続人が国民健康保険に入っていると、助成金が出る場合があります。相続放棄をしたとしても、助成金を葬式代に充てるのであれば、なんら問題はありませんので安心してください。

相続税を抑えたい!葬儀費用は税金から差し引きできる?

できます。それは、葬儀をあげた人が、相続人か、もしくは遺言で財産の一定の割合を相続する人の場合に適用されます。

控除の対象となるのは、

  • 故人の遺体を捜索した場合の費用
  • 遺体や遺骨を運んだ際の費用
  • 火葬等の葬式費用
  • 読経料や戒名料

以上になります。

相続税から葬式代を控除するには、必ず領収書が必要です。領収書がでない読経料等は、支払った日と支払先を記入したメモを用意しておきましょう。また、適切な書類を作成することも大事なことなので、税理士にお願いするのも一つですね。

埋葬料も相続税から控除できる?

埋葬料も葬式に関わる費用ですので、控除できます。ぜひ計上してください。

葬式の費用がない!どうにか安く最低限で済ませるには

お葬式をあげるのは、急であることもめずらしくありません。もし、葬式の費用を用意することができない場合にはどうしたらよいかみていきましょう。

  1. 簡素化する
  2. クレジットカード払いにする
  3. 地域の制度を利用する

1の簡素化は、自分たちが必要と思われるもののみを執り行う式にするということです。お通夜をしなかったり、火葬だけにする方法もあります。葬儀屋さんによって様々なプランがありますので、予算を相談されるとよいですね。

2についてですが、今は、クレジットカード払いできる葬儀屋さんもあります。クレジットカード払いですとリボ決済もできますし、ポイントもついて、現金ですぐに支払うよりも負担が軽くなる可能性がありますよね。高額な現金を持ち歩かなくてよいこともあり、おすすめです。

3は、自治体でやっているお葬式があります。区民葬もしくは市民葬と呼ばれます。故人、もしくは喪主の住民票がある自治体で執り行うことができ、民間の葬儀屋さんよりコストを抑えられることが多いです。

式の内容や費用については、事前に確かめておくと安心ですね。

急な出費!ローンは組めたりするの?

突然のことで、葬儀費用を用意できないケースがあります。葬儀は最低限のものを選択しても高額なので、すぐにお金の工面ができるとは限りません。

そんな場合でも、

ローンを組める葬儀社もある

ので安心です。

葬儀社のローンとは?

葬儀費用のために組めるローンの1つです。

葬儀社で用意されているローンは、大手のクレジット会社が提携していることが多く、葬儀だけでなく、仏壇、墓石の購入などにも充てることができるようになってきています。

審査は当然ありますが、申し込みは簡単で

    • 身分証明書
    • 見積書
    • 契約書

があればOK。とても手軽に利用できます。

保証人が必要なケースも…

保証人は原則いらないとされていますが、場合によっては必要だと言われることもあるのでご注意ください。

通常のローンと一緒で、20歳以上でないとローンは組めません。

葬儀ローンでは70歳までに完済予定であるという条件が含まれることもありますので、返済回数に於いてはよくよく確認するようにしましょう。

葬儀ローンのメリットとデメリットとは?

審査が通りやすく、スムーズに手続きができるという点ではとても便利なローンです。

銀行や信用金庫などでは申し込みから融資までに時間がかかり、すぐにお金が用意できないこともあるので、今すぐ葬儀費用が必要だという人には葬儀社のローンの存在はありがたいでしょう。

ただし、金利が8~18%ほどで比較的高いという点がデメリット。申し込みやすい分、返済金額が高くなりやすいのです。

メリット・デメリットがあることを十分に理解した上で、ローンを組むか検討しましょう。

お葬式の費用は保険で積み立てよう

必ず迎える死に備えて、身近な人が困らないように生前から保険に加入しておくことをおすすめします。

葬式保険の特徴は

  • 少額から掛けられる
  • 必要になったらすぐに支払われる
  • 保険が断られやすい高齢でも入れるところが多い

以上が挙げられます。

タイプは二つあり、支払われる保険金が変わらない定額タイプと、月々の掛け金が変わらない保険料一定タイプがあります。

保険会社によってメリット、デメリットはありますので、1社だけでなく複数社の資料を取り寄せて検討されるとよいでしょう。