身内が亡くなって、お葬式をあげなくてはならなくなった時、大体の人は仏式のお葬式をイメージされると思います。ただ、仏教も奥が深く、色々な宗派があるのです。

葬儀社にお葬式を依頼する時に、宗派を伝えなければなりません。ですが、もしわからない場合どうすればよいのでしょうか。

そもそも宗派がわからない…!宗派の確認方法

お葬式をあげることになる状況というのは、あまり時間に余裕がないと想像できます。そのような時に、宗派を調べる方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。

  • 親族に訊く
  • 菩提寺に訊く
  • お墓の文字を確認する
  • 戒名を確認する

以上のような調べ方があります。

親族に訊く

親族に訊くというのが一番早くて確実です。もしわからないと言われたら、菩提寺を教えてもらいましょう。

菩提寺に訊く

菩提寺というのは、先祖を供養してくださっているお寺のことです。菩提寺も早くて、確実に宗派がわかるでしょう。

お墓の文字を確認する

お墓の文字ですが、どれも同じように見えて宗派ごとに書かれている文字は違います。

南無大師遍照金剛真言宗

南無妙法蓮華経日蓮宗等

南無阿弥陀仏真言宗もしくは浄土真宗

倶会一処浄土真宗

また、最近では「○○家之墓」「○○家先祖代々之墓」などで彫刻されていることも増えてきています。この場合は各宗教で共通のものとなりますので、お墓での宗派見極めは難しいといえるでしょう。

戒名を確認する

戒名ですが、それぞれの宗派で、挿入される文字に決まりがあります。

浄土宗

日蓮宗

このような特徴があるのです。

これら4つの方法で調べてみてもわからなかった場合には、葬儀社にわからない旨を伝えて、自分たちで決めてしまっても問題ありません。

宗派を間違えた…!こんなときはどうすればいい?

もし葬儀前に気づいたら、お願いした寺院にお詫びを入れて丁重にキャンセルしなくてはなりません。キャンセル後は正しい宗派でのお坊さんを手配します。

葬儀後の場合には、次のような手段があります。

  • 戒名の変更
  • 葬儀をした宗派に変える

それぞれ細かくみていきましょう。

戒名の変更の場合

意外と宗派の間違いというのは多く、僧侶の方も理解してくださることが多いです。しっかりお詫びをし、正しい宗派のお寺にも事情をお話すれば対応してくれるでしょう。

その際、費用も倍かかってしまうことになりますが、その辺りは割り切って進めるようにしましょう。

宗派を変える場合

宗派を変更する場合には、少し事が大きくなります。菩提寺に事情を伝え、宗派を変えるかどうかしっかり話し合いをする必要があるでしょう。

結果、宗派を変えることになったら、お世話になった菩提寺にお礼を伝え、離壇料をお渡しします。また、お墓も変えないといけなくなるので、安易にはできないということを心に留めておきましょう。

宗派にはどんな種類がある?

日本で行われる葬儀の多くは「仏式」となっています。

仏式葬儀の主な宗派は以下のようになります。

  • 浄土真宗
  • 浄土宗
  • 日蓮宗
  • 天台宗
  • 禅宗
  • 真言宗

宗派による違いや特徴

それぞれの宗派によって違いがあり、作法などが異なる場合もあります。

浄土真宗

亡くなるとすぐに成仏するという思想の元、葬儀は供養とは考えません。ですので、お清めや死装束がないのが特徴です。また、戒名ではなく、法名をもらうことになります。

浄土宗

「お釈迦様が極楽浄土へ導いてくださる」という思想の元、葬儀が執り行われます。メモリアルホールなどの斎場や寺院などで行われる堂内式での葬儀が通常です。

日蓮宗

魂を霊山浄土へ送り出すのが、葬儀の意味であるという考えです。式の最中には、南妙法蓮華経の題目を全員で唱える場面などが多くあります。

天台宗

お通夜では二つのお経が読まれます。また、剃度式という髪を剃る儀式がありますが、現在では実際に剃ることはせずに剃った体で完了します。

禅宗

禅宗には曹洞宗、臨済宗などの宗派があり、その宗派をまとめたものを禅宗と呼ばれています。葬儀の根底に、受戒と引導があるのが特徴です。式の途中にシンバルのような楽器を鳴らすのも特徴の1つです。

真言宗

葬儀は大日如来に帰るための儀式と捉え、営まれます。灌頂という亡くなった方の頭に水をかける儀式と、土砂加持というお経で洗い清められた土砂を遺体にかけるという儀式があるのが特徴です。

以上のように、葬儀といっても宗派が違えば様々な考え方や捉え方、マナーがあります。葬儀に臨席する際には、このような意味も知っておくと、より深く故人を弔うことができるのではないでしょうか。